エアバックジャケット Tech AIR5購入(インプレとトラブル)

KTM

 結局、TECH-AIR5を個人輸入で購入しました。ただ外が寒いので実際にバイクに乗ってのインプレは出来て居ないので商品到着後に開封して試着インプレをさせて頂きます。

スポンサーリンク

購入したお店について

 購入したお店について 海外バイク用品の通信販売では有名かと思うのですが、「FC-MOTO」で購入しました。ドイツのお店です。10年以上前にも利用したことが有り、メールアドレスも登録しているので販促のメールもチョコチョコ来ていました。11月にブラックフライデーのセールでクーポンコードを入力すると全商品15%引きになるということで購入することにしました。10%引きは頻繁に行っています。

スポンサーリンク

開封してみた

 ダンボールの中に製品箱が入っている状況でした。比較的梱包は丁寧な方だと思います。

 日本語のマニュアルも入っているので、使い方で迷うことはないと思います。充電器や充電ケーブルも入っていますが、マイクロUSBです。しかも、抜き差しでコネクターが痛むのを防ぐためにコネクターが磁石で付け外しできる物になっています。至れり尽くせりです。

 60,000円オーバーのジャケット買ったのは初めてです。私の皮ツナギでもアウトレット品だったので、これほどの値段はしていません。

着てみた

 持ってみての感想ですが、ボンベや電子機器が内蔵されているためなのか、ちょっと重たい感じがします。重さを図ると2.0kg有りました。私のヒットエアーがジャケットプロテクター込みで2.6kgなのでTECH-AIR5着てアウターも着るとホボ同じ重量になるかと思います。サイズ感ですが、180cmと70kg(BMI:21)の私でLサイズはベストサイズでした。エアバックで衝撃吸収はバッチリ期待できますが、路面をスライディングした際の摩擦のプロテクション能力は無いので、肘プロテクタ内蔵のジャケットを着る必要が有ります。TECH-AIR5のバックプロテクターが有る分、少し大きめのジャケットの方が良さそうです。

スマホとペアリング

海外からの通販ですが、ちゃんとスマホアプリとペアリングすることが出来ました。これで、電池残量やファームウェアバージョンの確認、ファームウェアの更新が可能になります。

  1. Google Playストアーから「Tech-Air App」をダウンロード、インストールします。
  2. アプリを立ち上げてアカウント情報を作成します。
  3. TECH-AIR5の襟元のタグの2次元バーコードを読み込ませてジャケットを登録します。
  4. ついでに、ファームウェアを最新の物にアップデートします。「設定」→「ファームウェア」から「アップデートする」で可能です。襟元にスマートフォンを置いてゆっくり待ちましょう。15分くらいかかりました。

ファームウェア更新後のトラブル発生(黄色ランプが消えない)

 ファームウェア更新後に気づいたのですが、起動時のランプの状態遷移がおかしくなりました。通常であれば、

  1. 襟元のスナップで電源ON
  2. バッテリーレベルインジケータ表示(3秒)
  3. システムチェック表示【LED:緑・黄色表示】(最小3秒、最大60秒)
  4. システムアクティブ表示【LED:緑表示】

 となるはずなのですが、「システムチェック」が60秒どころか5分経っても終わらない状況でした。センサーのキャリブレーションを行っているので着用して歩いたりしても終わらず、しかし、エラーになるわけでもなく、さすがに「初期不良!?」と思って焦りました。結果的に、着用後に脊髄パッドの分部を揺さぶることによりキャリブレーションが正常に終了し、システムアクティブ表示【LED:緑表示】になりました。Youtube動画で他の方が購入したTECH-AIR5のLED状態を見てみると、ごくわずかな動作でシステムチェックが終了しているようなので、ファームウェア更新でセンサーの感度が落とされているのではないかと思います。発売から時も経ってセンサーの感度も最適化されているのかと思います。ちょっと焦りましたが、なんとか運用できるようになり一安心です。

個人輸入による購入価格

 最後に、今回の購入価格(実費以外は概算です。)です。以下のようになりました。

①物品価格67,000円
②割引(15%)10,000円
③割引後価格(①ー②)57,000円
④送料5,100円
④関税等(実費)3,300円
⑥総額(実費)(③+④+⑤)67,166円

総額⑥が総額表記と1800円ほど合わないのは、概算額誤差と為替の関係です。購入価格として高いと言えば高いです。国内販売店で買った方が安心感は非常に高いです。費用と安心感を比較して海外通販を利用するのか国内購入するのかを検討した方が良いと思います。

おわりに

 エアバックジャケットでは、ヒットエアーの存在が非常に大きいです。価格面・安全面でも非常に高い次元で実現されていると思います。Moto-GPの安全性を支えているTECH-AIR5の実運用時の利便性も大変気になるところです。ケーブルをバイクにつなぐことが不要な際の効果がどれほどの物なのかは、実際にTECH-AIR5を利用して確認していければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました